カツウラ建機株式会社|中古建設機械|建設機械|リース|レンタル|販売|一般土木業|北海道札幌市

 

★カツウラ建機 野球部

 

あのミスターファイターこと田中幸雄氏が出場!

あのミスターファイターこと田中幸雄氏が出場!
   
~活動報告~
さぽーとさっぽろ野球大会  優勝(2016年・2017年二連覇!)
白石区社会人軟式野球大会優勝(2017年)
札幌市長旗争奪札幌市全区親善軟式野球大会      優勝
 
 
■参加・大会■
 
2019年 10月27日
 
ロイヤル      球場 雁来公園
 
VS D・クラブ
 
D  0000010  1
K  0000000  0
 
負投手 沼田
 
戦評
最終戦。主力が半数休みなので、今日は控え組の腕の見せ所。
先発加藤は先頭打者こそヒットを打たれたものの3回を零封。今年、投手陣はいいんだよなぁ~。
相変わらず貧打線は控え組になっても健在で、初回のチャンスが唯一の見せ場だったが、エンドランで早川が不運な
ファーストライナーでチャンス消滅。幾度か見せ場はあったが、ここ一番が出ずに今日も零封される。
沼田も好投はしたが、こちらのファーストはファーストゴロも捕れずに先制点を許す。
唯一の収穫は来期新加入の羽田、ショートを守ったが軟式に慣れていない点を除けば、走攻守に光るものがあった。
特に守備はボールに入るスピードとグラブ捌きは素晴らしいものがある。
ファーストを守った選手は来期は自由契約になってしまうが、短い間ではあったけど、お疲れ様でした。
今年一年、ご拝読ありがとうございました。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 10月20日
 
ロイヤル 
 
VS ブラックビッキーズ
 
K  0000010    1
B  0000000  0
 
勝ち投手 加藤
 
戦評
今シーズンも、この試合を含め残り2試合となりました。
今日の試合は、凡打ではなく相手バッテリーの術中にはまり、三振が多い内容であった。
山川は好調をキープし、今日も2安打。2安打のうち1安打は外野の間を抜け、中継プレーが乱れランニングホームランとなった。
この後、打線が続くことはなく山川のランニングホームランの1得点のみ。
太田も、復調の兆しが見える2安打であった。
来週で、シーズン最終戦となります。内容のいい試合で、最終戦を締めたいと思う。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 10月14日
 
アカシヤ 決勝戦 
 
VS コピーサロンサブ  球場 美香保公園
 
K  0000000  0
C  0000000  0
 
大会規定によりジャンケンで負け
 
戦評
トーナメントは今季最終戦。勝利で飾りたい。
試合は予想通りの投手戦。今季、そして来期の課題は1点差の試合の勝ち方。
今年は1点差試合にことごとく負けて、勝負弱さが露呈した。
相手も試合巧者、初回から四球のランナーをバントで送る手堅い野球。
こちらも4回、必死のセーフティーバントで出た草野をしっかり西岡が送る。
守備の乱れもあって、1死3塁のチャンス、ここで工藤のエンドランを試みるもファール。
工藤はセカンドゴロに倒れて4番眞鍋、ここで1本欲しいところでライト前!に抜けたかと思われた
ライナーはセカンド正面で万事休す。その後もチャンスらしいチャンスは訪れず、引き分けのままジャンケンへ・・・
このチーム、ジャンケンで勝った試しはなく、監督の私はトイレへ。。。案の定、戻ってきたら負けてました・・・
さぁ、今年の冬は徹底的に練習しましょう!
 
 
■参加・大会■
 
2019年 10月6日
 
ロイヤル 
 
VS ブラックソルジャー  球場 前田公園
 
B  0000010    1
K  0000002x  2
 
勝ち投手 太田
 
戦評
相手投手はまさかの取引先のお客様。稲船様、ご注文をお待ちしております。
試合は相手投手に忖度したらしく、最終回までゼロ行進・・・営業以外は忖度しなくていいのに。
投手リレーは西岡・山本・太田。
ここ2試合は完封負け、練習しないとこんなもの。練習場が宝の持ち腐れ。
さすがに監督の不機嫌を察知したのか、7回裏、まさかの加藤の送りバントが成功して、今日猛打賞になるサヨナラタイムリーを山川が決めた。
パートナーを連れてきて活躍出来るなら、皆様奮ってご同伴してくださいませ。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 10月3日  アカシア 準決勝 
 
 
不戦勝のため練習試合
 
VS 中村記念病院  球場 美香保A
 
N  000000  0
K  100030  4
 
中村 加藤ー眞鍋
 
カツ 西岡ー太田
 
戦評
相手が人数不足の為、不戦勝。折角なので上記バッテリーにて練習試合をしました。
相手エラーで出塁の草野を置いて、西岡はしっかりとバントで送る。そしてノーヒットで1点。
先発の西岡は投手もさまになってきて、4回無失点で結果を残す。
5回田中がまさかの3ラン!バッティングは少し雰囲気が出てきた模様~♪
5回から大魔神太田が登場。威圧感満載のピッチングで2回零封。
キャプテンのK君、選手としての居場所がなくなってきた・・・そろそろ本格的にスコア、覚えようか?
中村記念さんはお詫びに診療費を期間限定でディスカウントしてくれるそうです???
 
 
■参加・大会■
 
2019年 9月28日
 
軟式野球連盟大会 会長杯BC級選手権大会 
 
 
VS Labbits  球場 野幌軟式野球場
 
K  0000000  0
L  000001/   1
 
負投手 加藤
 
戦評
先発加藤は5回まで打たせて取るピッチングであった。
しかし、6回に先頭打者に死球、その後も制球乱れとワイルドピッチで失点。
この一点が決勝点となってしまった。
打線はチャンスを作るも、ここ一番で得点が出来ず残塁8となった。
最終回に得点圏までランナーが進塁し、同点のチャンスを作るも追いつけず。
簡単にフライを打ち上げるのではなく、ゴロやいやらしい小技が必要であると再認識する試合だった。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 9月26日
 
さっぽろあさ野球 準決勝 
 
 
VS FBC  球場 美香保A
 
K  000000  0
F  00004x  4
 
負投手 沼田
 
戦評
四連敗中の強豪。
初回、相手の失策でノーアウト1・2塁のチャンス。ここで山川は2球続けてバント失敗。
結局、送れないままにそこから三者三振。
先発沼田も初回から快投。エースは山本ではなく俺だ、と言わんばかりのピッチング。
5回、先頭の田中が初ヒットでチャンス・・・のはずがここでも加藤が2球続けてバント失敗で後続も三振。
5回裏、先頭がショートのエラーで出塁し、タイムリーを打たれてここで2・3塁。
エンドランが失敗して、挟殺プレーで!と思ってところに、こちらの捕球ミスで痛恨の1点・・・
沼田も集中力が切れ、万事休す。
昨年から課題の細かい野球、バントやエンドランの成功率を上げる事が次への課題。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 9月20日
 
アカシヤ倶楽部 会長杯 リーグ戦(2戦目)
 
 
VS 北教球会  球場 美香保A
 
H  000001     1
K  01500/      6
 
勝利投手 加藤
 
本塁打 太田
 
戦評
試合は2回に動き始めた。先発加藤が制球の乱れで一死満塁のピンチを迎えた。
ここを無失点に抑え、流れを渡さなかった。裏の攻撃で太田が久々の快音で先制ホームラン。
次の回では相手の守備の乱れもあり、打線も繋がり5得点。
4回に一得点すればコールド勝ちだったのだが、走塁での怠慢プレーがあり、ダブルプレーでチェンジ。
その後も守備でエラーも続き、失点。流れを相手に持って行かれそうになる試合であった。
 
 
■参加・大会■
 
 
2019年 9月11日
 
朝日朝野球選手権 決勝トーナメント 1回戦
 
 
VS はまなす  球場 美香保C
 
H  0100000     1
K  0000000     0
 
負け投手 山本
 
戦評
先発は山本。2回に4番打者に本塁打を浴びる。
その後はヒットを一本も許さないピッチングで7回1安打1失点。ナイスピッチング。
打線は、7回3安打と好投していた山本に援護点を与える事が出来ず。完封負け。
打線復活が今後の課題である。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 9月7日
 
あかしや倶楽部 会長杯 リーグ戦
 
VS さわやか整骨院   球場 美香保A
 
S  0020   2
K  6003     9
 
 
勝ち投手 加藤
 
戦評
初回、先頭の草野が出塁しすかさず盗塁。続く西岡のタイムリーで先制。
この後、相手投手の不調を逃さず得点を重ね6得点。先発加藤は、魔の四回に入る前の3回に2ラン ホームランを浴びる。
打線は先日の試合で打てなかったタイムリーが、今日は随所で打てていた。
4回にも打線が繋がり、結果は4回コールドで勝利。
好調をキープし、来週の試合に臨みたい。
 
■参加・大会■
 
2019年 9月4日
 
白石区代表決定戦 準決勝
 
VS エムジット   球場 川下公園
 
E  003000  3
K  020000  2
 
 
負投手 沼田
 
戦評
2回裏、2塁に太田を置いて山本がライト前にポトリと落ちるラッキーヒット。
相手の中継の乱れに乗じて、山本までがホームインで2点。
その裏、お決まりの四死球とエラーとヒットの組み合わせであっさり逆転を許す。
結果、終盤にチャンスを作るも、生かしきれずに敗戦。
今年はこういった落としてはいけない試合の取りこぼしが目立つ。
技術だけでなく、そろそろ精神面の成長も欲しい。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 9月2日
 
朝日新聞社(兼豊平区予選) 決勝トーナメント1回戦
 
VS FBC   球場 美香保B
 
K  000000 1   1
F  000000 2x  2
 
大会規定で7回よりタイブレーク
 
 
負投手 山本
 
戦評
三連敗の強豪。予想通りの投手戦。
山本も6回7奪三振、しかも参考記録ではあるが完全試合。
打線も初回からチャンスこそ作るが、後1本が出ずにゼロ行進。
タイブレークはノーアウト1・2塁。ここで満塁で沼田がレフト前タイムリー。
続く加藤はスクイズ失敗で1点のみ。
ゼロに抑えれば勝ちだが、山本がワイルドピッチで2・3塁にし、不穏な空気の後にサードゴロを本塁悪送球で
ランナー二人が帰ってサヨナラ負け。これでFBCは四連敗・・・苦手意識がついてきたかな???
山本は完全試合で負け投手。あなたは頑張ったよ。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 8月25日
 
ロイヤル
 
VS メシア   球場 平岡公園
 
M  0100002  3
K  0300001  4
 
 
 
勝利投手 西岡
 
 
戦評
先発は久々の加藤。2回タイムリーで1点を失うもその後はしっかり抑えて4回1失点。
打線は2回の集中打好調山本のレフト前を皮切りに、加藤が走者一掃の3点タイムリーで逆転。
5回から投手育成中の西岡が登板。が、これまた育成中のショート新家が連続エラーからのまさかの同点。
リーグ戦なので負けこそないものの、最終回裏、エラーで迷惑をかけた新家・大塚コンビが出塁で兄貴分の草野が綺麗なサヨナラタイムリーで勝利。
西岡はリーグ戦着々と勝ち星を重ねている。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 8月24日  朝日クラブ理事会選抜朝野球大会
 
決勝戦
 
VS キング運送   球場 美香保B
 
キ  000100    1
K   500003x  8
 
大会規定により6回コールド勝ち
 
本塁打 山本4号
 
勝利投手 山本
 
 
戦評
相手は全国レベルの屈指の強豪、キング運送。メンバーも元プロ・元社会人野球の選手が名を連ねる。
初回、先発山本が三者連続三振で上々の立ち上がり。
その裏、相手のエラーで出塁の草野を西岡がバントできっちり送る。相手が相手だけに1点差の勝負・・・のはずだったが、
相手投手の連続四球で満塁、そこで山川が先制タイムリー、続く早川の内野ゴロの間に2点目で着実に得点を重ねてのはずが、
打撃好調の山本がまさかの3ラン本塁打!初回いきなり5点。
2回、たまらずエース中谷を投入。明日も大事な試合で先発を控えていたが、ここは軟式野球の王者キングのプライドが許さない。
元JR北海道の最速140km後半のエースは貫禄のピッチング。本気を出さなくても5回零封に抑えられる。
その間、眞鍋・山川の帯工コンビはクリーンヒットを放って意地をみせる。
山本は4回に中谷にソロ本塁打を浴びるも、6回2安打1失点7奪三振の快投。
今年初のトーナメント優勝!
次回はエース対決で本当の勝負をしてみたい。
 
最優秀選手賞 山本 琢深
 
最優秀投手賞 山本 琢深
 
 
■参加・大会■
 
2019年 8月19日
 
朝日クラブ理事会選抜朝野球大会    球場 美香保B
 
VS さわやか整骨院   
 
S  0000   0
K  1501x 7
 
大会規定により4回コールド勝ち
 
本塁打 真鍋7号 山本3号
 
勝利投手 沼田
 
戦評
昨日の試合から今週は8日で5試合の過密日程。今シーズンもいよいよ佳境に入りました。
先発は沼田、初回ヒットこそ打たれるも、3回4連続三振を含む無失点で仕事をこなす。
打線は依然好調で、初回、草野がレフト前で出ると、山川はしっかり送る。結果、相手の失策を誘発し、先制。
2回ビッグイニング。先頭、復調気味の山本がソロホームラン。
攻撃の手は緩まず、得点圏で西岡がタイムリーと思いきや、今季好調の真鍋が7号ツーランでこの回5点。
4回裏、一番らしい草野のヒット、すかさず盗塁で得点圏で西岡はセーフティバント、相手のミスを誘って草野が帰ってコールドゲーム。
大技だけでなく、小技も絡む理想的な試合、ナイスゲームでした。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 8月18日     球場 北発寒公園
 
ロイヤル
 
VS ノースアルファ   
 
N  01000  1
K  01310  5
 
 
 
勝利投手 西岡
 
戦評
先発はリーグ戦で投手修行中の西岡。常にランナーを背負うピッチングだが、かろうじ3回1失点でお役御免。
久しぶりの試合とあって、試合勘は・・・と思いきや、打線は好調のようで、2回先制されるも、
相手のバッテリーミスに乗じて、すかさず同点。続く3回には西岡・太田・眞鍋の三連続二塁打と
最近野手らしくなってきた沼田がしぶといタイムリーで合計3点。
久しぶりに投手太田を投入してみたものの、劣化が激しく即交代。
最後は加藤がテンポよく締めて終了。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 7月30日  朝日新聞社兼豊平区代表決定戦
 
 
VS 札東倶楽部   球場 美香保B
 
K  22113  9
S  00020  2
 
本塁打 眞鍋6号 山本2号
 
勝利投手 山本
 
戦評
遂に現実に! 
あのミスターファイターこと田中幸雄氏が出場。
初回から草野がチャンスメイクだったが、ここで美味しいところを眞鍋が先制ツーラン。
続く幸雄さんはセカンドゴロ。
続く3回にも山本の2号ソロ。打線は毎回得点の9点。
先発山本は危なげないピッチングだったが、4回にツーランを被弾。
しかし、この2点で抑えて、終わってみれば9-2で5回コールド。
今日はテレビカメラもきているのもあって、撮影に強い人弱い人の明暗が分かれた。笑
主将加藤のいつも以上のベンチからの声出しが印象的だった・・・
幸雄さんは3打席凡退に終わりましたが、ファーストの守備でことごとく悪送球を捌く見事なまでのグラブさばき。
次回があれば、次はバッティングを期待したい。
 
ということで、この試合は本日のHTB様の「イチオシ」で放送予定です。
勤務中の方も多いかと思いますが、宜しくお願い致します。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 7月28日 
 
 
ロイヤル              球場 屯田西公園
 
VS 天照教   
 
K  01024  7
T  00000  0
 
 
 
勝利投手 西岡
 
戦評
行楽日和は人不足。ギリギリ9人。監督が試合に出る状況。
炎天下の中、他球場で熱中症で救急車が出動した模様。
先発は投手修行中の西岡。打線も期待出来ないかと思いきや、
4回まで順調に得点を重ねて3点。時間切れとなる最終回には打者一巡で4点。
しかも西岡は要所を締め、まさかの完封!
もしかしたらこれくらいのほうが、危機感があっていいのかも・・・
 
 
■参加・大会■
 
2019年 7月23日  朝日新聞社兼豊平区代表決定戦
 
 
VS 北教球会   球場 美香保C
 
H  1000000 1
K  1000010 2
 
 
 
勝利投手 山本
 
 
戦評
初回、サード加藤のエラーで先制される。加藤はそのまま二軍ジャーボイに降格。
その裏、すかさず1アウト2・3塁で真鍋が最低限の仕事、犠牲フライで同点。
内野陣は計4失策と振るわなかったが、山本が要所を締め、ゼロ行進。
攻撃もランナーこそ出すものの、あと1本が出ずにゼロ行進。
5回、先頭の草野がレフト際に大飛球・・・リクエストがあればしたかった打球だが、ファールの判定。
6回裏にようやく打線が繋がり、舟本が決勝タイムリー!
彼は仕事でミスがあったようだが、これでチャラにせざるを得なくなった・・・
 
 
■参加・大会■
 
令和元年 7月17日
 
白石区社会人軟式野球
 
VS 札幌ブラックベアーズ(再試合)   球場 川下公園
 
S  10200  3
K  0032x  5
 
大会規定のため5回で終了
 
勝利投手 山本
 
戦評
 
qrcode.png
http://katsuurakenki.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<カツウラ建機株式会社>> 〒003-0869 北海道札幌市白石区川下2129-46 TEL:011-874-2151 FAX:011-874-2155