カツウラ建機株式会社|中古建設機械|建設機械|リース|レンタル|販売|一般土木業|北海道札幌市

 

★カツウラ建機 野球部

 
   
~活動報告~
さぽーとさっぽろ野球大会  優勝(2016年・2017年二連覇!)
白石区社会人軟式野球大会優勝(2017年)
札幌市長旗争奪札幌市全区親善軟式野球大会      優勝
 
■参加・大会■
 
令和元年 7月17日
 
白石区社会人軟式野球
 
VS 札幌ブラックベアーズ(再試合)   球場 川下公園
 
S  10200  3
K  0032x  5
 
大会規定のため5回で終了
 
勝利投手 山本
 
戦評
引き分け再試合。
先発加藤は立ち上がりに捕まり先制を許す。
続く3回にも四球と失策でピンチを招き、痛恨のタイムリーで2点追加される。
その裏、打線が奮起し、西岡・太田のタイムリーで同点。
リリーフの山本は期待通りの投球で抑えると、4回裏に3失策の新加入田中が死球で出塁。
途中出場の大塚がバントで送ると、相手守備の乱れもあり、ノーヒットで2点追加。
最後も山本が締め・・・といいたいところだが、田中は失策で盛り上げてくれ・・・しかし、抑えて勝利。
 
■参加・大会■
 
2019年7月14日  軟式野球連盟 東日本大会2部
 
VS RUN STARS   球場 美香保A
 
K  0000140  5
R  1000000  1
 
勝利投手 沼田
 
本塁打 山川1号 太田2号
 
戦評
初回、先発沼田は立ち上がりに捕まり先制される。
その後は安定した投球で2回以降は散発3安打で抑える。
依然、貧打線は快音が聞かれなかったが、5回にようやく山川の今季1号ソロで同点。
同点に追いつき勢いもついたのか、6回は相手の乱れに乗じて満塁。ここで四番チキン太田。
しかし、今日の太田、チキンはチキンでもダチョウ並みのチキン。グランドスラムで勝負アリ!
 
■参加・大会■
 
2019年7月7日    ロイヤル・サンリーグ
 
VS パッション    球場 稲積公園
 
P  2000210  5
K  0000000  0
 
勝利投手 なし
 
本塁打 なし
 
戦評
先発沼田は7回11安打5失点。要所では三振もあったが、打たれ過ぎであった。
打線は7回3安打無得点。今後も打線復活が勝利に繋がってくる。
今週は週末まで試合がなく、週末は打線爆発を期待。
 
■参加・大会■
 
20197月3日  白石区社会人軟式野球大会
 
 
VS 札幌ブラックベアーズ    球場 川下公園
 
B  0000200  2
K  0101000  2
 
勝利投手 なし
 
本塁打 なし
 
戦評
先発は加藤。制球が乱れる展開が多く、終盤でばててしまい同点となったところで途中交代。
最終回に登板した沼田は、安定したピッチングで抑えた。
打線は少ないチャンスで得点出来た。
大会規定により、延長はなく再試合となる。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月27日  さっぽろあさ野球大会(代表決定戦)
 
 
VS ゼウス    球場 美香保A
 
K  400011  6
Z  000100  1
 
勝利投手 山本
 
本塁打 真鍋5号 山本1号
 
戦評
相手は好投手井上。1点差試合の予想。
しかし、予想に反して相手投手の立ち上がりを捕まえ、初回4安打の猛攻で4点。
これで楽になった山本は好投。4回にタイムリーで1点失うも、5回真鍋の5号ソロ。
そして予想に反して第二弾。6回山本の今季初ヒットが本塁打で6-1。
調子が戻ってきた西岡も3-3の猛打賞。この調子で決勝トーナメントに臨みたい。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月23日  ロイヤルサンリーグ
 
 
VS カラーズ    球場 前田森林公園
 
K  602220  12
C  000000   0
 
勝利投手 加藤
 
本塁打 西岡1号
 
戦評
久しぶりの打線爆発。初回西岡の今季初アーチに始まり、一気6点。
その後も着実に得点を重ね、気付けば山本を除いて全員安打! 
加藤・西岡の完封リレーで快勝。
山本にDH適用がいよいよ現実のものとなってきた・・・
確か彼は高校時代は4番・・・いや、勘違いだったかな・・・
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月17日  さっぽろあさ野球大会(代表決定戦)
 
 
VS ツルハ    球場 美香保B
 
T  0010000  1
K  200000x  2
 
勝利投手 山本
 
戦評
エース山本。7回1失点9奪三振の貫禄。
攻撃は初回こ相手投手の4四球から始まり、ノーヒットで2点。
その後もヒットは出ず、6回も相手投手の乱れに乗じて無死満塁でも無得点。
相手の自滅に助けられたが、打線は今日の天気同様、寒い・・・
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月13日  さっぽろあさ野球大会
 
 
VS 全北大野球部    球場 美香保A
 
Z  00000000   0
K  00000002/  2
 
勝利投手 加藤
 
本塁打 眞鍋4号
 
戦評
先発は沼田。7回1安打7奪三振と好投。
だが打線が7回まで4安打と繋がらず、得点できず7回まで同点。
大会規定で2回戦からは、再試合ではなくジャンケン。と思ったが投手戦で7回終了時点で時間が30分以上あった為、延長戦へ突入。
ここで加藤が緊急登板となった。8回に内安打と犠打で2死2塁と先制される状況であったが何とか抑え無失点。
裏の攻撃で、先頭の西岡が2塁打で出塁。山本に犠打のサインを出すが失敗し、進塁させることが出来ず。
最後の打者となる眞鍋が、ここでサヨナラツーランホームラン。
好投が続いていた沼田の為にも、今後は序盤での得点を期待する。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月5日  白石区社会人軟式野球
 
 
VS D.マジック    球場 川下公園
 
D  0000000  0
K  010000/   1
 
勝利投手 山本
 
本塁打 なし
 
戦評
先発は山本。久々の先発であったが7回2安打13奪三振で完投。
カツウラ建機は、先日の試合同様連打はないが2回に四球とヒットで少ないチャンスで得点。
今後は、打線爆発を期待し投手陣はこのままの調子を維持していきたい。
 
 
■参加・大会■
 
2019年 6月3日  朝日朝野球選手権大会
 
 
VS 東区ブラザーズ    球場 美香保B
 
H  0000000  0
K  010002/   2
 
勝利投手 沼田
 
本塁打 真鍋3号
 
戦評
初回から安定の立上りで、沼田が7回4安打5奪三振で完封。
また、沼田は打撃でも2打数2安打と投打の活躍であった。
打線は、連打はないが相手の失策と足を絡めた攻撃で得点。
6回には好調の眞鍋がダメ押し弾、後続も続き草野のタイムリーで追加点。
 
■参加・大会■
 
2019年5月30日  日刊スポーツ
 
 
VS FBC    球場 雁来
 
F  2000100  3
K  1000001  2
 
敗戦投手 加藤
 
本塁打 真鍋2号
 
戦評
初回、加藤が捕まり連打を浴びて2失点。
しかしその裏、草野のレフト前と相手の失策で2・3塁のチャンス。
ここで今年恒例のサインミス。相手のエラーもあり1点は返す。
5回追加点を許し、1-3 初回に追いついていれば最終回の真鍋の本塁打で同点だった。
強豪相手になると1点差ゲームになるが、毎試合のようにサインミスをしているチームに勝ち星はつかない。
今年もトーナメントは無冠で終わる予定。
 
 
■参加・大会■
 
2019年5月26日 ロイヤルサンリーグ
 
 
VS キャリネットBC    球場 あいの里公園
 
 
C  0000401  4
K  1003002  5
 
勝利投手 西岡
 
 
戦評
初回、四球の草野が盗塁、舟本がしっかり犠打、山川のエンドランノーヒットで1点。理想的な攻撃。
四回は西岡の二塁打を皮切りに、相手投手の乱れもあり、3点追加。
しかし、先発の加藤が持病の発作が発病、一気に4点を取られ同点。これは技術ではなく心理的な要因。
最終回、相手に1点取られ負けかと思いきや、舟本のライト前から相手のエラーと死球でたたみかけ、
まさかの沼田がサインミスではあるが、ライト前のサヨナラータイムリー。
どうせ勝つならトーナメントで勝って欲しいと心の中で呟く・・・
 
 
■参加・大会■
 
2019年5月19日  さっぽろあさ
 
VS RYUSEI    球場 美香保
 
R  0000100  1
K  200010x  3
 
勝ち投手 加藤
 
本塁打 太田1号
 
戦評
週末、行方不明だった太田が登場。早速、先制ツーラン。
投げ先発加藤は要所を締めるピッチング。4回零封。
代わっての沼田が1失点するが、不調にあえぐ西岡のタイムリーで再び追加点。
まだまだ大振りが目立つ打線。課題は多し。
 
■参加・大会■
2019年5月19日 たそがれ野球
 
VS 三友工業    球場 美香保
 
S  0021000  3
K  3000000  3
 
本塁打 真鍋1号
 
規定によりジャンケンで敗退
 
戦評
初回、真鍋の先制スリーラン。これで勢いに乗るかと思われたが、先発加藤が三回、同じくツーランを被弾。
四回にタイムリーを打たれ同点。
五回から沼田が好リリーフで後続を抑えるも、味方打線も振るわず、同点のまま4-4で引き分け。大会規定によりジャンケン。
 
■参加・大会■
2019年5月19日 ロイヤルサンリーグ
 
VS ゴールドスターズ    球場 北発寒公園
 
K  0000010  1
G  000030x  3
 
敗戦投手 西岡
 
戦評
初先発西岡。覚悟はしていたが五回途中降板の場面までは無失点。収穫。
途中、太田がリリーフ登板、これも予想外ではあるが、リーグ戦なので色々試行錯誤。
好投手岩瀬の前に一安打に抑えられたが、エンドランで一点を取れたことは収穫。
今後はこういった好投手が続くので、タイムリーが出なくても点を取れる野球が理想。
 
■参加・大会■
2019年5月18日 高松宮賜杯 第63回 全日本軟式野球 2部 札幌支部大会
 
VS オリジンハピネス    球場 江別飛鳥山
 
O  1000210 02 6
K  0010012 00   4
 
敗戦投手 山本
 
戦評
公式戦初戦。先発は加藤。初回、エラーで出塁され、四番に三塁打を打たれ先制される。
三回、相手投手の制球の乱れに乗じて一点を取り同点。五回、代わった沼田がリズムに乗れず二失点。
六回には互いに一点ずつ取り2-4のまま最終回裏の攻撃、ここで早川が起死回生の同点タイムリーで追いつき、初戦からタイブレーク。
ここからは山本投入。八回は互いにゼロに終わったが、九回、山本が捕まり二失点。万事休す。
 
■参加・大会■
11月4日 ロイヤルサンリーグ   球場 モエレ沼公園
 
VS ノースアルファーズ    
 
K  0020021   5
w  0010002  3  
 
勝利投手 山本
 
先発は加藤。2回を投げ切り、続く3回からは山本。
山本は最終回に疲れが影響したのか、四死球が続き2失点。
打線は足を絡めた攻撃で5得点。
この試合がカツウラ建機野球部の最終戦という事もあり、途中交代で全員出場した。
 
カツウラ建機 野球部の全日程が終了となりました。
色々な方に助けて頂き、無事にシーズンを終えることが出来ました。ありがとうございます。
今シーズンはトーナメント戦で一つも優勝する事が出来ず、各自課題も見つかった勉強の年であったと思います。
 
これから来シーズンに向けて、冬の練習が始まります。
来年は一つでも多く優勝できるよう頑張ります。
日頃よりご協力頂いている関係者の方々、当社従業員、ホームページを見てくださっている方々へこの場をお借りして感謝申し上げるとともに、来シーズンも継続してホームページの更新をして参りますので、引き続きあたたかい応援をどうぞよろしくお願い致します!!
 
■参加・大会■
10月28日 ロイヤルサンリーグ
 
VS 札幌ワンスターズ    球場 雁来球場
 
K  0003000   3
w  0030000  3   大会規定により引き分け
 
先発は沼田。リーグ戦とはいえ被安打9は打たれ過ぎ。
3回は1イニングで6安打を打たれる・・・
打線も同点には追い付き、意地を見せるがそこまで。
井阪は守備にしてもコーチャーにしても散漫放題。
リーグ戦とはいえ、もう少し真面目に・・・
 
■参加・大会■
10月21日 ロイヤルサンリーグ           球場 北発寒公園
 
VS D CLUB 
K  200020 4
T  010000 1
 
勝ち投手 山本

相手は2部から昇格し、勢いに乗っているチーム。
現在もリーグ2位につける。
初回四球と安打でスコアリングポジションにランナーを置いて、
福岡を満喫した真鍋がFCで先制。続く早川の内野ゴロの間に2点目。
やらしい点が取れるようになってきた。
先発山本は前日のタイヤ交換作業で疲れがあり不調。
しかし、2回の1点で抑え、不調なりの投球術を身に付けてきたのか???
5回に佐藤のツーベースでチャンスを作ると、相手のエラーが重なり2点。
数少ないチャンスをもらった井阪は、体重通りにイマイチ。
MVPは唯一のマルチヒットの佐藤。
 
■参加・大会■
10月14日 ロイヤルサンリーグ
 
VS 札幌カラーズ    球場 新琴似グリーン公園
 
K  1000214  8
K  1000000  1
 
勝利投手 加藤 
 
本塁打 山川
 
初回に先制し、中盤に追加点を取る良い試合だった。
先発加藤は、7回完投したが途中で連打もあった。
久々の試合で守備でのエラーもあった。打線は好調とは言えないが足を絡めた攻撃で8得点。
 
10月14日 ロイヤルサンリーグ   球場 新琴似グリーン公園
 
VS ブラックソルジャー 
 
B  000000  0
K  40020/  6
 
勝利投手 沼田 
 
本塁打 山川
 
初回に相手投手が崩れる展開で4点を先制。
その後もチャンスを作るが残塁も多く、中盤に山川のホームラン等で追加点を取る。
この日はダブルヘッダーで、普段試合に出れる機会が少ない選手も試合に出ることが出来た。
先発沼田は好調を保つピッチングで、完投勝利。
まだ試合は続くので、このまま好調をキープし優勝に向けて突き進む事を期待。
 
■参加・大会■
9月18日
白石区社会人軟式野球大会トーナメント  決勝
 
VS 札幌ブラックベアーズ     球場 川下公園
 
K 0000000 0
B 000002/ 2
 
負け投手 山本
 
本塁打 なし
 
先発は山本。5回まで安定したピッチングで無失点。
打線は相手投手を攻略できず、7回 2安打に抑えられた。
6回に四球からの連打があり、2失点。この回に加藤が併殺を成立出来ず、
2失点となる流れを相手に渡してしまった。
 
■参加・大会■
9月15日
中央区代表決定戦兼プライドジャパン札幌予選 決勝トーナメント2回戦
 
VS 水車町クラブ    球場 月寒公園坂下球場
 
S  000005  5
K  100000  1
 
負け投手 沼田 
 
本塁打 なし
 
初回に先制をし、いつものカツウラ建機の流れに持ち込む。
沼田は5回まで安定したピッチングであった。
しかし6回の守備で捕手加藤がエラー。続く打者にライト前ヒットを打たれ、
その後も足を絡めた攻撃とエラーで5失点で逆転された。
 
■参加・大会■
朝日(王座決定戦朝日クラブ代表) 決勝トーナメント1回戦
 
VS ツルハ札幌     球場 美香保C
 
T  0000001 1
K  300101x 5
 
勝ち投手 山本
本塁打 太田6号

初回、エラーで出塁の西岡と絶妙なセイフティーバントで出塁の草野を置いて、太田のラッキーな内野安打で先制。
続く真鍋もライト前のテキサスヒットで2点追加。先発山本は5回までしっかり抑える。
欲しかった追加点は4回、沼田が今年2回目のフェン直(どおりで災害が・・・)で出塁。
相手の失策が重なり1点。山本は5回6回と満塁にするも1点で切り抜ける。
最後は4番太田の6号ソロで決まり。
MVPは2安打2打点の太田。
 
■参加・大会■
中央区代表決定戦兼プライドジャパン札幌予選 決勝トーナメント1回戦
 
VS 札幌ワンスターズ    球場 月寒公園
 
S  000100 1
K  12013x 7
 
勝ち投手 加藤 
 
戦評
初回、レフト前ヒット、相手の後逸で西岡が3塁まで。続く山川がエンドランを決めて先制。
続く2回も早川と加藤の連打、相手の失策も絡まって2点。
先発
 
qrcode.png
http://katsuurakenki.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<カツウラ建機株式会社>> 〒003-0869 北海道札幌市白石区川下2129-46 TEL:011-874-2151 FAX:011-874-2155