カツウラ建機株式会社|中古建設機械|建設機械|リース|レンタル|販売|一般土木業|北海道札幌市

 

★カツウラ建機 野球部

 
   
~活動報告~
さぽーとさっぽろ野球大会  優勝(2016年・2017年二連覇!)
白石区社会人軟式野球大会優勝(2017年)
札幌市長旗争奪札幌市全区親善軟式野球大会      優勝
 
■参加・大会■
11月4日 ロイヤルサンリーグ   球場 モエレ沼公園
 
VS ノースアルファーズ    
 
K  0020021   5
w  0010002  3  
 
勝利投手 山本
 
先発は加藤。2回を投げ切り、続く3回からは山本。
山本は最終回に疲れが影響したのか、四死球が続き2失点。
打線は足を絡めた攻撃で5得点。
この試合がカツウラ建機野球部の最終戦という事もあり、途中交代で全員出場した。
 
カツウラ建機 野球部の全日程が終了となりました。
色々な方に助けて頂き、無事にシーズンを終えることが出来ました。ありがとうございます。
今シーズンはトーナメント戦で一つも優勝する事が出来ず、各自課題も見つかった勉強の年であったと思います。
 
これから来シーズンに向けて、冬の練習が始まります。
来年は一つでも多く優勝できるよう頑張ります。
日頃よりご協力頂いている関係者の方々、当社従業員、ホームページを見てくださっている方々へこの場をお借りして感謝申し上げるとともに、来シーズンも継続してホームページの更新をして参りますので、引き続きあたたかい応援をどうぞよろしくお願い致します!!
 
■参加・大会■
10月28日 ロイヤルサンリーグ
 
VS 札幌ワンスターズ    球場 雁来球場
 
K  0003000   3
w  0030000  3   大会規定により引き分け
 
先発は沼田。リーグ戦とはいえ被安打9は打たれ過ぎ。
3回は1イニングで6安打を打たれる・・・
打線も同点には追い付き、意地を見せるがそこまで。
井阪は守備にしてもコーチャーにしても散漫放題。
リーグ戦とはいえ、もう少し真面目に・・・
 
■参加・大会■
10月21日 ロイヤルサンリーグ           球場 北発寒公園
 
VS D CLUB 
K  200020 4
T  010000 1
 
勝ち投手 山本

相手は2部から昇格し、勢いに乗っているチーム。
現在もリーグ2位につける。
初回四球と安打でスコアリングポジションにランナーを置いて、
福岡を満喫した真鍋がFCで先制。続く早川の内野ゴロの間に2点目。
やらしい点が取れるようになってきた。
先発山本は前日のタイヤ交換作業で疲れがあり不調。
しかし、2回の1点で抑え、不調なりの投球術を身に付けてきたのか???
5回に佐藤のツーベースでチャンスを作ると、相手のエラーが重なり2点。
数少ないチャンスをもらった井阪は、体重通りにイマイチ。
MVPは唯一のマルチヒットの佐藤。
 
■参加・大会■
10月14日 ロイヤルサンリーグ
 
VS 札幌カラーズ    球場 新琴似グリーン公園
 
K  1000214  8
K  1000000  1
 
勝利投手 加藤 
 
本塁打 山川
 
初回に先制し、中盤に追加点を取る良い試合だった。
先発加藤は、7回完投したが途中で連打もあった。
久々の試合で守備でのエラーもあった。打線は好調とは言えないが足を絡めた攻撃で8得点。
 
10月14日 ロイヤルサンリーグ   球場 新琴似グリーン公園
 
VS ブラックソルジャー 
 
B  000000  0
K  40020/  6
 
勝利投手 沼田 
 
本塁打 山川
 
初回に相手投手が崩れる展開で4点を先制。
その後もチャンスを作るが残塁も多く、中盤に山川のホームラン等で追加点を取る。
この日はダブルヘッダーで、普段試合に出れる機会が少ない選手も試合に出ることが出来た。
先発沼田は好調を保つピッチングで、完投勝利。
まだ試合は続くので、このまま好調をキープし優勝に向けて突き進む事を期待。
 
■参加・大会■
9月18日
白石区社会人軟式野球大会トーナメント  決勝
 
VS 札幌ブラックベアーズ     球場 川下公園
 
K 0000000 0
B 000002/ 2
 
負け投手 山本
 
本塁打 なし
 
先発は山本。5回まで安定したピッチングで無失点。
打線は相手投手を攻略できず、7回 2安打に抑えられた。
6回に四球からの連打があり、2失点。この回に加藤が併殺を成立出来ず、
2失点となる流れを相手に渡してしまった。
 
■参加・大会■
9月15日
中央区代表決定戦兼プライドジャパン札幌予選 決勝トーナメント2回戦
 
VS 水車町クラブ    球場 月寒公園坂下球場
 
S  000005  5
K  100000  1
 
負け投手 沼田 
 
本塁打 なし
 
初回に先制をし、いつものカツウラ建機の流れに持ち込む。
沼田は5回まで安定したピッチングであった。
しかし6回の守備で捕手加藤がエラー。続く打者にライト前ヒットを打たれ、
その後も足を絡めた攻撃とエラーで5失点で逆転された。
 
■参加・大会■
朝日(王座決定戦朝日クラブ代表) 決勝トーナメント1回戦
 
VS ツルハ札幌     球場 美香保C
 
T  0000001 1
K  300101x 5
 
勝ち投手 山本
本塁打 太田6号

初回、エラーで出塁の西岡と絶妙なセイフティーバントで出塁の草野を置いて、太田のラッキーな内野安打で先制。
続く真鍋もライト前のテキサスヒットで2点追加。先発山本は5回までしっかり抑える。
欲しかった追加点は4回、沼田が今年2回目のフェン直(どおりで災害が・・・)で出塁。
相手の失策が重なり1点。山本は5回6回と満塁にするも1点で切り抜ける。
最後は4番太田の6号ソロで決まり。
MVPは2安打2打点の太田。
 
■参加・大会■
中央区代表決定戦兼プライドジャパン札幌予選 決勝トーナメント1回戦
 
VS 札幌ワンスターズ    球場 月寒公園
 
S  000100 1
K  12013x 7
 
勝ち投手 加藤 
 
戦評
初回、レフト前ヒット、相手の後逸で西岡が3塁まで。続く山川がエンドランを決めて先制。
続く2回も早川と加藤の連打、相手の失策も絡まって2点。
先発加藤は4回に犠牲フライで1点を失うも、4回1失点で先発の責を全う。
4回も1点、5回には3点、5回は沼田がまさかホームラン?の右越タイムリーツーベース。
今まで苦にしていた軟投派の投手を見事に粉砕。
MVPは打っては2打数2安打 投げては4回1失点の・・・サインミスをしたが、加藤で。
 
白石区代表決定戦(準決勝)
 
VS エムジット    球場 川下公園
 
K  011000  2
A  000010  1    
 
勝ち投手 沼田 
 
戦評
先発は沼田。3回までゼロに抑える。
打線では、2回に太田の二塁打。続く加藤がバントを失敗するが、ボテボテのゴロで太田が三塁に進塁。
続く眞鍋が課題であった、ランナー三塁でのエンドランを決め先制した。
守備ではミスが何回かあったが、沼田の粘りのピッチングで無失点。
チームの雰囲気は良く、舟本のガッツ溢れるプレーもあり、準決勝を勝ち上がった。
今日のMVPは、試合を作った沼田と先制のチャンスメイクをした太田。
加藤の個人的MVPは、怖さを全く感じさせずに打球を追いかけ、ガッツを見せた舟本。
 
白石区代表決定戦(再試合)
 
VS あぱっち野球団     球場 川下公園
 
K  01101  3
A  01000  1
 
勝ち投手 沼田
 
先発は志願の沼田。初回はゼロに抑える。
2回、死球の加藤を一塁において真鍋の中越えタイムリースリーベースで先制。
しかし、四球とエラーで1・2塁。バントで送られ、2・3塁で内野ゴロの間に同点。
3回、ツーベースの草野がワイルドピッチで3塁進塁後、加藤得意のライト前タイムリーで勝ち越し。
3回からは山本に投手交代。常にランナーを背負う苦しい内容だが、後続を抑える。
最終回、エラーで出塁した西岡を山川が絶妙の送りバントで3塁進塁。4番太田が待望のエンドランで追加点。
最終回裏の攻撃、2・3塁で1打同点の場面まで攻められるが、何とか抑え勝利。
MVPは独断で申し訳ないが、太田のエンドランを評価したいので、太田裕也。
 
■参加・大会■
プライドジャパン(予選)   
 
VS 札幌ブラックベアーズ   球場 月寒坂下公園球場
 
ブ  10000    1
勝  1002×   3  (悪天候の為、5回で終了)
 
 
勝投手 加藤
 
本塁打 草野3号
 
先発加藤は制球が定まらず、初回に1失点。その後も毎回ランナーを出すが、何とか粘ってしのぐ展開。
守備では、外野からの連携プレーでアウトにする良い場面もあった。
打撃では、草野が先頭打者ホームランで追いつき、その後はあと一本が出ず残塁が多かった。
4回裏、ツーアウトから併殺崩れで沼田が出塁、その後2四死球で満塁となり、ここで草野が2点タイムリーヒット。
今日のMVPは、ホームランとタイムリーを打ち全打点を記録した草野。
 
■参加・大会■
MLBゼビオカップ   
 
VS 小鍛冶組   球場 石狩メモリアル
 
勝  0100      1
小  305x   8  (大会規定によりコールドゲーム)
 
 
負投手 沼田
 
本塁打 工藤1号
 
二年前にさぽーとさっぽろの決勝戦を戦った相手。
初回、沼田制球が定まらず3失点。
その裏、工藤がライトにソロホームラン。反撃の狼煙か?と思われたが、そこまで。
山本も降雨の不運もあって、打者一巡の5失点で終わり、コールド負け。
 
■参加・大会■
白石区代表決定戦
 
VS あぱっち野球団       球場 川下公園
 
A  0000031  4
K  0000103  4 引き分け再試合
 
投手 沼田ー加藤
 
初回、2回とスコアリングポジションにランナーを置くも、あと一歩が出ず。
沼田はそつなく5回まで零封。その裏、相手のワイルドピッチで先制。
しかし、加齢によるのか、沼田は試合終盤で捕まる事が多く、6回に逆転される。
最終回、代わった加藤も1点取られ、万事休す・・・かと思いきや、相手投手も中盤から
疲れが見え始め、最終回裏の攻撃で4番太田の起死回生の同点タイムリー。
後一本出ればサヨナラだったが、引き分けで再試合。
小技が出来れば難なくサヨナラが出来た場面。これからのチームの課題。
 
■参加・大会■
さっぽろ朝野球 ブロック決勝 
 
VS FBC    球場 美香保
 
K  0100000 1
F  200000x  2
 
負投手 山本
 
初回、立ち上がりの山本にいきなりの連打、犠牲フライの後、
キャッチャーフライでアウトカウントを間違えた太田のミスを突き、
二塁走者がタッチアップ。それがタイムリーになり、結果勝ち越し点に・・・
二回、相手のエラーから沼田がバントで送り、舟本がスクイズ失敗の後に挽回のタイムリーで1点差。
続く加藤がスクイズ失敗でWプレーで追いつけず。
山本はその後立ち直り、好投も相手投手も同じく好投。打線が続かず終了。
 
■参加・大会■
ロイヤル 朝野球 リーグ3試合目 
 
VS メシア    球場 あいの里公園
 
M  10113   6
K   31312  10
 
勝投手 西岡
 
先発は初登板の西岡。試合日程が過密の為。
初回から制球は安定せず、被安打こそ3安打だけど、6失点。
リーグ戦なので、経験値を積む場と考えます。
打線はここ最近のモヤモヤした試合の鬱憤をはらす12安打。
上位から下位まで万遍なく繋ぎ、相手の守備の乱れも手伝って10点。
夏男なのか?とましん佐藤がブレイク!2安打3打点でMVP。
 
■参加・大会■
MLBゼビオカップ   
 
VS TEAM T.O   球場 石狩メモリアル
 
T  001000     1
K  201023x  8  (大会規定によりコールドゲーム)
 
 
勝投手 加藤
 
初大会、初対戦。相手の一番は典型的な俊足で当ててヒットを稼ぐいやらしいタイプ。
先発加藤の調子はイマイチで、常にランナーを背負う展開。しかし、経験でカバーし、3回1失点。及第点。
相手投手は右の本格派。であったが、山川が出鼻を挫く先制2ラン。これで主導権はこちら。
3回も通称「太陽ヒット」結果はエラーだが、山川の太陽と重なるファーストフライを落球で3点目。
5回は西岡の内野ゴロ間に山本、そしてまさかの草野が二塁からヘッドスライディングで2ラン内野ゴロ。
6回疲れが見えてきた相手投手から好調のとましん佐藤を口火に、沼田のタイムリーで気付けばコールド勝ち。
4回から沼田は完璧な抑え。
MVPは先制2ラン&追加点の起点を作った。
 
■参加・大会■
朝日新聞(兼豊平区代表) 
 
対 FBC          球場 美香保B
 
 F 000001 1
K 000000 0
 
負投手 沼田
 
昨年、全区代表の決勝で対戦した宿敵。
武井・沼田の投手戦。攻撃では再三、スコアリングポジションにランナーを出すも、
得点できず。やはり一点差の試合になると予想したが、後一本が出ず。
最終回、相手のソロホームランが出て勝ち越される。
加藤が粘りのヒットを打つも、ここでジ・エンド。
来週もさっぽろ朝野球で対戦。
 
■参加・大会■
日刊スポーツ 準々決勝 
 
対 極東クラブ          球場 雁来
 
極 0000 0
カ 340x 7(コールド)
 
勝投手  山本 完全試合(4回参考記録)
 
本塁打  草野2号  太田5号
 
相手は結成40年を超える古豪。しかし、日刊で前回も本塁打を打った草野がまたもや
先頭打者の本塁打。これは想像以上にダメージが大きく、続く太田もツーラン。
勢いに乗って続く2回も相手のエラーも絡み、打者一巡で4点。
MVPは先頭打者本塁打の草野と、久々に綺麗なヒットも出て、投げては4回参考記録ながら
完全試合の山本。ナイスピッチング♪
これで日刊はベスト4進出。次回は試合巧者のターキーズ。
 
■参加・大会■
朝日新聞(兼豊平区代表) 
 
対 札幌ブルズ          球場 美香保B
 
S 000000 0
K 302002 7(コールド)
 
勝投手  沼田
 
本塁打  西岡3号  太田4号
 
初回、西岡のタイムリーの後、太田の4号ツーラン。
3回も好調の西岡の3号ソロ。佐藤の久しぶり?のタイムリーで、みろくがホームインしたが、
ネイマールばりの転倒。やり過ぎです・・・笑 シミュレーション取られるぞ!
終盤は相手守備の乱れに乗じて気付けば6回コールド。
1安打完封の沼田と西岡にMVP.
 
■参加・大会■
日刊スポーツ杯 
 
対 アンクルズ          球場 雁来A
 
K 2001000 3
A 0000000 0
 
勝投手  山本
 
本塁打  草野1号  太田3号
 
試合開始直後の初球、草野が先頭打者本塁打を放ちカツウラ建機ペースとなる。
先発は山本。7回無失点10奪三振と好投であった。テンポも良く次回も期待できる内容であった。
打線は上位打線が好調をキープし、4番太田にも本塁打が出る。
次戦は極東クラブさんと対戦。次戦も先発投手が安定し好調打線が乗ってくれば勝利に近づくと予想される。
 
■参加・大会■
さっぽろあさ野球 
 
VS ブラスト          球場 美香保A
 
K 101113 7
B 000020 2
 
勝投手  沼田
 
本塁打  西岡2号  眞鍋3号
 
戦評
初回一死から2番西岡がセンター前ヒットで出塁。すかさず二盗をし、三盗を仕掛けた際にキャッチャーの悪送球の間に先制のホームイン。
3番山川の二塁打2本や4回には西岡、5回には眞鍋共にソロホームランなどで小刻みに点数を重ねていく。
守りではファースト舟本が不慣れながら無難にさばく。投げては沼田が6回をヒット3本と快投が続く。5回に多少崩れるも最終回は三者三振と力投した。
強敵・ブラストに7-2と快勝したのは次に繋がる良い試合でした。
本日は走塁・本塁打で得点に絡んだ西岡と6回被安打3、7奪三振と力投した沼田がMVPです。
 
 
白石区 朝野球 2回戦 
 
VS エムジット    球場 川下公園
 
M  1000002   4
K   1001000  2
 
負投手 沼田
 
初回、エラーで失点。その裏、同じく相手投手の暴投ですかさず同点。
4回、新谷(社外部員)の内野ゴロの間に勝ち越すが、最終回に沼田が集中打を浴び、逆転を許し敗戦。
今季初の黒星だが、この大会の規定で敗者復活が出来る。次戦に勝てば再びエムジットと対戦。
選手の意地がみたい。
 
 
■参加・大会■
ロイヤル 朝野球 リーグ2試合目  球場 屯田西公園
 
カツウラ建機 対 ゴールドスターズ
   6    対    3
 
H  010200   3
K  15000x  6
 
勝投手 山本
 
打線は上位打線が好調。2回は一巡し、打者10人で5点。
今一歩調子が上がらな投手山本を尻目に、投手加藤は春合宿の成果か好投が続く。
最近控え気味の舟本(ワキタ)・福山(ヤンマー建機)・佐藤(苫小牧信用金庫)に安打が出て意地をみせる。
MVPは2安打2打点3盗塁の草野。
 
■参加・大会■
朝日朝野球 予選リーグ2試合目 
 
カツウラ建機 対 ハリケーンズ
   7    対    0
 
H  0000   0
K  2041x  7
 
4回コールド勝ち
 
勝投手 加藤
 
本塁打 真鍋2号③
 
先発は加藤。立ち上がりこそランナーをためたが、その後はテンポの良いピッチング。
コールドではあるが、3安打完封。
打線は依然好調。上位打線の走力と主軸が噛み合い、9安打で7点コールド勝ち。
MVPは試合の流れを決めた、2号3ランの真鍋。
尚、1位通過で決勝トーナメント進出決定!!!!
 
■参加・大会■
日刊スポーツ野球大会  二回戦
 
VS デッパラーズ(岩田地崎建設)    球場 雁来
 
S  002100    3
K  10252×    10
 
5回コールド勝ち
 
勝投手 沼田
 
本塁打 太田2号② 真鍋1号
 
戦評
山本は制球不安定。しかし、打線が好調。
4回からの沼田はすかさずのリリーフで鎮静化。
1、2、3番の草野・西岡・山川で9安打。合計13安打。
太田の2号。眞鍋は特大の1号ソロ、中軸が目を覚ましてきた模様。
 
 
 
■参加・大会■
さっぽろあさ野球大会 一回戦再試合
 
6/2試合結果
 
カツウラ建機 対 スーパーベースボール札幌
  3     対       0
 
勝ち投手    沼田
本塁打なし
 
先発は沼田。初回から制球が良く、7回無失点7奪三振の好投で完封勝利。
 
打線は、初回に山川、工藤のタイムリーヒットで2点先制。
中盤に追加点を取り、試合終了となる。
 
白石区社会人親睦軟式野球大会 初戦
 
5/30試合結果
 
カツウラ建機 対  札幌ブラックベアーズ
  3 ×   対   2
 
勝ち投手  山本
本塁打なし
 
先発山本は球威・コントロール抜群で最終回の1死まで1-0で完全試合ペース。
6回裏に誤審があり、流れが一気に変わる・・・。
逆転ツーランホームランを浴びるが、その裏に持ち味の粘りの打線が奮起する。
最後は加藤のサヨナラ死球により、逆転サヨナラ勝ちを決める。
  
■参加・大会■
ロイヤルリーグ初戦
 
5/27試合結果
 
カツウラ建機 対   ZEKE
      12   対   1
 
勝ち投手 加藤
本塁打なし。
 
日曜日の初戦でもあり、フルメンバーでの戦いとなる。
先発加藤は球威があり、2回を無失点に抑えるナイスピッチング。
打線は、下位打線の活躍もあり、12得点に繫がり圧勝劇を演じた。
 
■参加・大会■
さっぽろあさ野球 1回戦
 
5/16の試合結果
 
カツウラ建機    対  スーパーベースボール札幌
      1     対          1
                引き分け再試合
 
本塁打 山本1号
<
 
qrcode.png
http://katsuurakenki.com/
モバイルサイトにアクセス!
<<カツウラ建機株式会社>> 〒003-0869 北海道札幌市白石区川下2129-46 TEL:011-874-2151 FAX:011-874-2155